不動産投資の目的を理解すれば、自ずと投資すべき物件も見えてくる

良い物件を買って不動産投資で利益を得る。

これは不動産に投資するすべての人にとって共通した目的でしょう。

 

不動産投資とはいえ、この「利益」「良い物件」というのは、投資主体によりかなり異なります。
これは、投資の目的がそれぞれ異なるためで、地主なら相続税対策や休地活用、ファンドであれば投資家への還元、上場REITであれば継続性など、我々個人とは違う視点で投資を見ています。
それぞれ投資の目的が違うため、我々のような個人投資家が絶対買わないような物件から、大きなメリットを得ることができる投資家も世の中にはいるのです。

このサイトでは
・各投資主体がどのような観点で不動産投資を見ているのか
・また、我々個人投資家はどのように投資収益を評価すればよいのか
という点をメインに、不動産投資について考えてみましょう。

と、その前に、不動産投資を始めるための独自のノウハウを徹底解説したサイトをご紹介★
→不動産投資ユニバーシティでもっと勉強してみましょう!