節税に関して

不動産投資で取得した物件を、あなたが実際に運用するという風になった場合、「節税がどれだけできるか」ということが、不動産投資ビジネスの成功を決定的に左右します。特に、自己資金が相当ある人は別にしても、初期段階で自己資金のない人にとっては喫緊の解決すべき課題にもなり得ます。残念ながら日本では、所謂「法人税」として内の40%がとられてしまいます。このような状況の中で、どのように法律の範囲内で節税をしていけば良いのでしょうか?すぐに思い浮かぶ簡単な方法としては、物件内の清掃を担当する会社への依頼を断り、ひたすら自分で管理物件の掃除をするということです。掃除をしていくことで、自分自身が運用している物件への愛着が増したという声も聴いたことがあります。このようにして、自分自身で実際に節税を試みるという方法は、すぐに実行しやすく、節税をしているという肯定感も十分に得ることが出来ます。不動産投資のような長期的投資の場合、いわゆるメンタルコントロールも必要になります。その中で必要なのは、節約・節税を通じて肯定感を得ることは、何よりもメンタルの支えになるのです。他にも節税の方法は多種多様です。例えば、物件を購入したり、売却したりする際に生じる専門的な手続きを出来る範囲で自分で行うとか、修繕をできる限り自分でやってみるとか、思い浮かぶ限りのことをやってみて、なるべく費用を抑えておくと、次に目指す物件を買う時にも知識や経験を役立てることが出来ます。このようにして身につけた知識は、決して誰にも奪われることはありませんし、あなたが投資のベテランになった際には、このような知識が売り物になる可能性すら秘めているのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です